【どっちが痩せるか問題】リングフィットアドベンチャーとフィットボクシングは得られる運動効果が違います【併用最強】

2021年3月14日

こんにちは、いいとこ取り大好きっ子たしろです。

今回は非常に多いこの疑問、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)の「リングフィットアドベンチャー」と「Fit Boxing(フィットボクシング)」。

よく比べられるこの2つなんですが、一言で「どっちが痩せる!」と言えるものではなくて、得られる効果が違うんだよ!どう痩せたいかで選択するのが一番効果あるよ!てか両方並行してやるのが最強だよ!というお話です。

この記事の先出しざっくり結論

  • 脂肪燃焼(体脂肪を減らす)を狙うならフィットボクシング
  • 引き締まった体型、痩せやすく太りにくい身体を作りたいならリングフィットアドベンチャー
  • キレイにスムーズに安定したダイエットがしたいなら併用が最強

これらの根拠、痩せる仕組み、それぞれのメリットを、両方遊んで実際に7kg痩せた経験からお話したいと思います。

スポンサーリンク

Fit Boxing(フィットボクシング)は有酸素運動、リングフィットアドベンチャーは無酸素運動がメイン

他の記事でもチラホラ記載しておりますが、フィットボクシングは有酸素運動寄りのエクササイズ。一方リングフィットアドベンチャーは、無酸素運動寄りのエクササイズとなっております。

この有酸素運動無酸素運動の違いについて難しすぎない程度に説明します。

有酸素運動

有酸素運動について解説している画像
フィットボクシングは有酸素運動寄りのゲーム

有酸素運動はジョギングやウォーキングといった息が切れない程度の運動。フィットボクシングもこちらに該当する運動が多いです。

この運動は、脂肪をエネルギーとして消費して身体を動かすのですが、脂肪をエネルギーに変換するために酸素が必要なため「有酸素運動」と名付けられています。

諸説ありますが、20分以上続けることで体脂肪が燃焼されると言われており、体脂肪を減らすという目的の方にピッタリの運動です。

ただし、体力以上に長時間運動して息が切れてしまうと後述する「無酸素運動」となってしまうので注意しましょう。

無酸素運動

無酸素運動について解説している画像
リングフィットアドベンチャーは無酸素運動寄り(主に筋トレ)

無酸素運動は、筋トレや短距離走など、短時間でフルパワーに筋肉を動かす運動。リングフィットアドベンチャーはこちらに該当する運動が多いです。

短い時間の中で筋肉をめいっぱい使うことで、筋肉を鍛え増やし、基礎代謝を上げる(太りにくい体を作る)事ができます。

こちらはチョッパヤかつフルパワーで酸素を使う暇がないので、体内の糖をエネルギーとして消費して身体を動かします。

たしろ

糖質はダメ!みたいな先入観持たれがちだけど、体を動かすには糖も大切なんですね

「脂肪を減らす」が目的ならフィットボクシングだけど…?

犬のマスクを被ってフィットボクシングをしている人のイラスト
フィットボクシングはまさに有酸素運動。だけども腹筋を意識することで筋トレ効果も多少ありそう。

ダイエットと言えば「カロリー消費」「体脂肪の燃焼」といった有酸素運動で得られる効果を真っ先にイメージする方が大半だと思います。

これまでを踏まえると「どっちが痩せる?」という問いに対しては体脂肪減少に強いフィットボクシングと答えるのが適切なのかもしれません。

たしろ

じゃあリングフィットアドベンチャーいらんくない?と思われるかもしれませんね…

ところがどっこい!単に有酸素運動を行い脂肪を消費するだけでは、なかなか成功しないのがダイエットなのです。

リングフィットを語るに欠かせない、ダイエットと筋肉のお話

ここでちょっと大事なお話をします。

筋トレの良さを語る人にムキムキの男性が多い事からでしょうか、女性は特にですが、ダイエットにおける筋トレ(筋肉を付けること)に対して後ろ向きなイメージを持っている人がチラホラ見受けられます。

ですが女性がゴツくなるまで筋肉をつけようと思ったら、並のトレーニングでは足りません。

そして女性の切望する「スリムな体型」に、筋肉は欠かせません。同じ体脂肪量なら、筋肉のない体型よりも筋肉で引き締めた体型の方が痩せて見えることもあるくらいです。

また、筋肉を付けるもう一つ重要な利点は、リバウンドのしにくさ筋肉があるとそれだけで基礎代謝が上がりカロリー消費量が増えるため、多少食べ過ぎたり運動をお休みしても、あっという間に戻ることがありません。

筋肉の効果について記載した画像
背景はリングフィットでバンザイスクワットを頑張る筆者です

ダイエットの一番の難しさは継続。そこで、多少のおサボり期間があっても振り出しに戻らないための保険筋肉なのです。

たしろ

ダイエットが続かない前提の人こそまずは筋トレで筋肉を蓄えておくと安心!

つまり、筋肉が少ないとダイエットの効率はガンガン下がるし、リバウンドのリスクはガンガン上がります実際は是が非でも付けておきたいのに、ちょっとやそっとではつけられない、それが筋肉。

そこで待ってましたと言わんばかりに現れた救世主が、リングフィットアドベンチャーなのです。

結論は「いいとこ取り」がベスト

以上を踏まえると「どっちが優れているか」という比較が的外れに感じるこの気持ち、分かっていただけますでしょうか。

2つのゲームは両方やることで完璧なダイエットへつながる

筋トレだけだと体脂肪は落ちにくいし、有酸素運動だけだと脂肪は減るけど常にリバウンドと隣合わせで痩せた割に体型もいまいち。

どちらが欠けても理想の体型になるのって難しいんですよね。

いまこの身に蓄えてしまった体脂肪をフィットボクシングで減らし、リングフィットアドベンチャーで体型を引き締め、基礎代謝を増やし痩せブーストとリバウンドしない身体を作る。

両方とバランス良く付き合っていくのが、個人的には一番ダイエットに効果的だと実感しました。

「こっちのほうがいいよ!」と断言出来なくて申し訳ないのですが、併用が最強は承知の上であえてどっちを優先するか、ベストな選択はやはり人によって変わると思いますので、この記事がせめて選択のための参考になれば幸いです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

リングフィットアドベンチャーとFit Boxingに関するおすすめ記事

スポンサーリンク

2021年3月14日

Posted by たしろ