忙しい社会人にも学生にも!室内完結の圧倒的おすすめダイエットツールFit Boxing(フィットボクシング)

2021年2月14日

フィットボクシング2の実際のプレイ風景

こんにちは!たしろです。

今回は家庭用ゲーム機Nintendo Switchで遊べる体感ゲーム、Fit Boxing(フィットボクシング)のご紹介。

このゲーム、ダイエット目的で購入したんですがめっちゃくちゃ役に立ちました。そして実際に痩せましたひゃっほう。

タイトルにある通りこのゲーム、特に忙しくてランニングやジムに出かける時間がない…なんて人にとーってもおすすめです。

※今回の記事は部屋で有酸素運動をしたい方フィットボクシングを買うかどうか迷っている方の参考になればと思い書きました。

既にプレイ済みで、「フィットボクシング2」を買うか迷う…という方はこちらのフィットボクシングシリーズの比較記事をどうぞ

Fit Boxing(フィットボクシング)とは?

Nintendo Switchのホーム画面の画像
どちらも体験版があるので気軽に試してほしい

何か遊べるゲーム無いかな、といろんなゲームの体験版を探していた時に偶然見つけたのが「Fit boxing(フィットボクシング)」。現在は続編の「Fit boxing2(フィットボクシング2)」も発売されました。

どんなゲームか、まずはざっくりとご説明。

Fit Boxing(フィットボクシング)とは?

Fit Boxing(フィットボクシング)とは、両手にJoy-Con(コントローラー)を持ち、音楽に合わせて画面の指示通りにパンチを打ったり、避ける動作をすることで、自宅でボクササイズ運動ができるゲームです。

さあここで百聞は一見にしかず。
見ていただきましょう筆者たしろのFit Boxing(フィットボクシング)プレイ風景を!!

もちろん普段は犬被りませんよ

いま、動画を見返しながらこの記事を書いていますが、見た目の3倍はキツイんですよ。キツイんですがやってる間はまったく苦ではなく、爽快感の方が強いです。やればやるほど楽しい!
(自身の醜態を動画で晒してるメンタルは思ってる3倍キツイですよ)

動画は1作目のフィットボクシングですが、この記事を執筆している現在は、フィットボクシング2が発売し、たしろもデータを引き継いだ上でフィットボクシング2を始めています。

Fit Boxing(フィットボクシング)のいいところ

フィットボクシング2のプレイ画像
ちゃんと正しいフォームから教えてくれます

このゲームの最大の特徴はトレーニングとしてのリアルさとテンポの良さ。

フィットボクシングはトレーナーとマンツーマンでトレーニングをする、一見ストイックなゲームです。

一見ストイックなんですが、やってみるとまぁ夢中になること。部屋の中にいながらもジムでレッスンを受けている感覚になるこのゲームは、しっかり集中できる工夫が満載なのです。

Fit Boxing(フィットボクシング)のいいところ

  • Switchを起動してJoy-Conを握れば始められる手軽さ
  • 非常に省スペースで本格的な運動ができる
    なんとたしろは1畳ほどのスペースで運動しています
  • トレーナーの絶妙な声掛けで没入感がすごい
  • 誰にも見られずに全力で運動できる
  • セットメニュー次第では足踏み動作が一切無いので、集合住宅でも安心
    Fit Boxing2ではステップ(足踏み動作)を完全に除外できるようになりました
  • 有酸素メインながらも、パンチの動作に筋肉が必須なので思った以上に筋肉も刺激できる

特にスペースをとらず足を地につけたままで有酸素運動ができることは、マンションの狭い一室ダイエッターのたしろにはめちゃくちゃ刺さりました。

それではこれらのいいところについて、順に解説しましょう!

爆速スタートと超絶省スペースで忙しい人の味方

個人的には本当にこれに尽きます。どれだけ効果が見込めようと、どれだけ楽しくとも、準備が大変だったり、始めるまでの時間がかかるものは本当に続きません。

フィットボクシングは、その点があらゆる室内エクササイズのなかでもめちゃくちゃ優秀です。

ゲーム起動ですぐ運動!スタートは超お手軽

社会人、忙しいですよね。
学生さんも、忙しいですよね。

いろいろ時間が足りないのが現代の人々。このフィットボクシングはそんな現代人の運動不足解消にピッタリ。

なにせ、ゲームを起動してコントローラーを握ればもう運動できます。

フィットボクシングのメリットを書いたイラスト
ブログ執筆中に突如思いつきでエクササイズする筆者の図

このゲームは、同じくNintendo Switchのゲーム「リングフィットアドベンチャー」と比較されることが度々ありますが、手軽さは圧倒的にフィットボクシングが優秀です。専用のコントローラーも必要無ければ、別途何かを装着する必要もありません。

この手軽さ、自宅で仕事や勉強の合間のちょっとした気分転換にも最高なんですよ。ちょっと立ち上がってSwitchのスイッチをオン(ドヤァ)でさっくり運動できちゃうんです。

たしろ

準備してる間に萎えてくる…なんてことがありません!

狭い日本の住宅事情に寄り添うような省スペース

冒頭あたりの動画を見ていただくと分かるんですが、たしろの部屋は超絶狭いです。ご覧の通り未だに学習机を使っている独身おばさんですが、たしろはなんとたたみ1畳ほどのスペースで運動をしています。

部屋でフィットボクシングをやる図
6畳間の狭い自室でも余裕で全力の運動ができるの図

このゲームは、寝そべったり座り込んだりといった動作を必要とせず、基本的には自分が立つ床スペースと、パンチを打つ前方スペースさえあればOK。

スペースをとるような道具の用意もいらなければ、運動のために毎日部屋のものをどかせたりといったことが不要です。

付け加えますと、下にマットを敷いたり、スポーツウエアに着替えたりなどでより快適なプレイ環境を整えるのもいいと思います。スタートが手軽だからこそ、快適プレイの準備に時間をかけられるので、ハマってきて「もっとガッツリやりたい!」と思い始めた時は考えてみてくださいね。

たしろ

たしろはガッツリやるぞー!という時だけ、床にヨガマットを敷いています。

マンション、アパート民に朗報!ドシドシしませんよ!

これも本当にありがたいんです!

運動中は基本的に両足を地面についた状態で前後にリズムを取るので、足踏みのような動作がなく、下階への迷惑を考える必要がありません。

リズムを取るのに前後に揺れはしますが、足元はずっと地面についています

厳密に言うと、ボクササイズの動作の中に1つだけ、「前後/左右ステップ」という動作があり、このステップ動作だけは慣れない状態で行うとドタバタしてしまうかもしれません。

でも大丈夫!この動作はセットメニューの選択次第で出てこなくさせることが出来ますし、2作目の「フィットボクシング2」では、設定でステップ(足踏み動作)を完全に除外できるようになりました。

パーソナルトレーナーによって自宅がまるでボクササイズジムに!

このゲーム、はじめにパーソナルトレーナーとなるキャラクターを選択し、トレーナーの指示に従ってトレーニングをすることになります。(トレーナーはいつでも変更可能です)

フィットボクシングとフィットボクシング2に登場するトレーナー一覧の画像
一番下の3人はフィットボクシング2のみに登場します

トレーナーはFit Boxingで6人、続編のFit Boxing2では3人増えて9人。ボクシング中は選択した担当トレーナーが常にアドバイスや声掛けをしてくれるので、気分はジムでのパーソナルレッスン。

人の目が気になるたしろ

通うための手間は一切なし!何よりも自分の運動姿を人に見られずにガッツリ運動ができることは、運動に自信の無い人間には何よりも代えがたい利点です!

また、トレーナーの日本語ボイスは豪華声優陣を起用しているということで、声優ファンの間でも話題になったみたいですね。さすが人気声優さん、気持ちが上がるような、絶妙な声色で声をかけてきます。

実際、たしろもみるみるのめり込みました。ちなみにたしろは骨太低音ボイスのおじさんによわよわなので、ベルナルド(CV.大塚明夫さん)一択です。

フィットボクシングのトレーナーの服装を変更する画面の画像
トレーナーは見た目を変更することができます。ベルナルドを日曜のお父さん風にしたい筆者

パンチを打った時の振動や声掛け、絶妙な判定でストレスフリー

ボクシング中は音楽に合わせてタイミングよくパンチを打つんですが、上手にパンチを打てるとコントローラーが振動するのでとっても爽快です。

また、その判定も音ゲーのようにシビアではなく、若干ゆるーい判定になっているためやる気が削がれません。ビシビシと否定されるとコツを掴む前にやる気が萎えてしまうところを、緩め判定のおかげで挫折することなく、何度もプレイしてる間にちゃんと正しいタイミングでパンチが打てるようになっています。

そしてタイミングが良かったときも、悪かったときも、トレーナーの声掛けがすかさず入ります。連続パンチの前はリズムを取り直してくれたり、きれいなフォームのコツを教えてくれたり、運動が苦手でもついていきやすいよう細かい気配りが満載です。

フィットボクシング2のプレイ画像
その都度正しいフォームを意識させてくれます。もちろんフルボイス。

有酸素運動だけじゃないことに気付く

このゲーム、トレーニングをこなすうちに難易度の高いセットメニューが開放されていくのですが、フックやアッパーの連続が出てくるあたりで、重心が安定せず腕のフリに体が持っていかれそうになります。

このあたりで気付くのです。腹筋・背筋・体幹が足りないと連続パンチが安定しないということに。

これは…筋肉も意識しないとスマートなパンチが打てない!!

そんな事を意識してプレイしていると、不思議と筋肉が鍛えられている気がします。筋トレと比べたらそりゃあ鍛えてるとは言えないレベルなのかもしれませんが、筋肉への刺激はマラソンなど他の有酸素運動よりも効果が高いのでは?と思いました。

たしろ

初めてやった時とブランク明けの翌日は筋肉痛が、すごかったです

有酸素運動のデメリットによく言われるのが「筋肉の減少」。フィットボクシングはどちらかというと有酸素運動に特化したゲームですが、しっかり腹筋背筋を意識しながら続けることで、筋肉の減少を防げているように感じました

フィットボクシング2のプレイ画面(ベルナルドのアドバイス)
プレイ中にトレーナーからも筋肉への意識のアドバイスがあります
たしろ

回数をこなしていくうちに連続パンチも安定するので成長を体感できます。
それがすごくモチベーションがあがる!

「忙しい」の中でも運動したいと思っている方に

Nintendo Switch本体をドッグに刺した状態の写真
テーブルモードでも出来ますが、ドッグにさしてTVモードが没頭できておすすめです

ホントにおすすめしたいんですよフィットボクシング。Nintendo Switchのストアに体験版がありますので、Switchをお持ちの方は是非とも、ぜひとも!!試しにダウンロードしてみて頂きたいです。

筆者たしろはかなり飽き性な人間なんですが、絶妙なシンプルさ、手軽さなのにしっかり効果が感じられる楽しさで最初のうちは毎日夢中でやっていました。

フィットボクシングのホーム画面
プレイした日はカレンダーにスタンプを押します。これがまた達成感を生みます

今現在はここまで毎日やっていません。月の半分やるかやらないか?くらいまでプレイ回数は落ちていますが、それでも緩やかに目標体重に向かっていますし、多少暴飲暴食したところでおいそれとリバウンドしなくなりました。


ほんでちょっと自分語りします。

ダイエットが最たる例ですが、忙しくて何かを継続することが出来ない人に、出来ている人が投げかける「忙しさを言い訳にしてたらいつまでたっても出来ないよ」という言葉。

出来ている人は相当の努力をしていたりするのでしょうし、尤もだなとも思います。

でも、忙しさや物事の優先順位って第三者が決められるものじゃないんじゃないかとモヤモヤもします。

たしろは、忙しい人に「忙しさを言い訳にするのは甘え」と切り捨てる人よりも、相手の忙しさを尊重した上で、「どこかに少しでも始められる足がかりはないか」と、その人のライフスタイルに合うような選択肢をたくさん出せる人の言うことの方がすんなり響くなぁと思います。

そんなわけでちょっと忙し目のたしろが選択肢の一つに挙げるダイエットツール「フィットボクシング/フィットボクシング2」。ダイエットを考える時に選択肢の一つとして思い出していただけたら幸いです。

ここまでお読み頂き、ありがとうございました!!

この記事で紹介している商品

どちらもカートリッジ抜き差しが不要な「ダウンロード版」が、そしてこれから始めるなら「フィットボクシング2」がおすすめです!

2021年2月14日

Posted by たしろ