【すぐ飲める】タンブラーのおすすめは「猫舌専科タンブラー」一択です!【温かさ長持ち】

2021年2月15日

猫舌専科タンブラーのパッケージと本体の写真

こんにちは、年中激寒オフィスに勤めるたしろです。

寒い冬も、夏のエアコンガンガンオフィスでも、何とか体を温めたい…。ひざ掛けやカーディガンなどで対策しますが、一番はやくポカポカできるのはやはり温かい飲み物。そのために活躍するのがマグカップやタンブラー。

温まりたくて熱々のお茶をタンブラーに入れますが、あっつあつで飲めない…そんな方々に革命をもたらすスペシャルなタンブラーをご紹介します。

スポンサーリンク

早く飲みたい、長く飲みたい

タンブラーやマグカップって使用していて、困ることがありませんか?

タンブラーやマグカップで困ること

  • 保温効果が高すぎて、熱々のままなかなか飲めない
  • 保温効果の無いものだと飲める温度になってからすぐ冷めちゃうから身体が暖まらない。
  • 本体が洗いにくかったり、パーツが取り外せなくて隙間に水が入ってしまう

他にも色々あるんですが毎日使うにあたって特に困るのがこれらの問題。

例にもれず長年寒いオフィスでの「温かい飲み物を快適に飲みたい問題」に悩まされていた私ですが、ついに悩み全解消のタンブラーに出会えたのでご紹介します。

それがこちら、「猫舌専科タンブラー」!

猫舌専科タンブラー(緑)の写真
可愛いパッケージとタンブラー本体

商品名から分かる通り、熱々が苦手な猫舌の方が快適に飲めるタンブラーなんですが、これ猫舌じゃなくても是非!使ってみていただきたい!!!

猫舌専科タンブラーという名前から、「猫舌向けってことはぬるくなるの?」と思われるかもしれませんがそうじゃないんです。

密封してても約3分で飲み頃になる

猫舌専科タンブラーのパッケージに記載されている解説
飲みやすい温度までが超速

一般的なタンブラーにお茶やコーヒーを熱々で入れると、保温効果がとっても優秀なせいで入れてからかなりの時間待たないとなかなか飲めないんです。

でも、私は淹れたその時が飲みたいときなんだよ…!!
冷ます時間まで予測して事前に淹れておくのは無理だよ…!!

そんな問題を解消するのがこの「猫舌専科タンブラー」。

このタンブラーは内部が特殊で、吸熱層真空断熱層を含んだ3層構造になっています。飲み物を入れた時、まずは吸熱層がお仕事をしてくれて、熱湯を短時間で飲み頃の温度(70度前後)まで下げてくれます。

タンブラーに熱湯を入れて3分後に温度を測っている写真
熱湯を入れて3分でこれだけ下がる

筆者たしろは猫舌で、食べ物でも飲み物でも熱々のものは手を付けられずぬるくなるまで待つタイプです。そんな私が試しに「猫舌専科タンブラー」であっつあつのお茶を淹れて密封。3~5分後に恐る恐る口をつけてみると…

飲めるじゃん!!!

舌先の「あっつ!!」っていう感覚は無く、それでいて「ぬるい」わけではありません。そこから少し温度が下がった飲めるレベルの「熱いお茶」です。すぐに飲めるのがこんなに気持ちいいなんて…!!!

保温効果の無いタンブラーやマグカップでも、ここまで早い段階で飲める温度になるものはありません。冷めてぬるくなるわけでもなく本当に「飲み頃の温度」になるのでびっくりです。

飲み頃になってから1時間以上ぬるくならない

ここからが猫舌さん以外にもおすすめしたいポイント。

熱い飲み物って、飲める温度になってからはどんどんぬるくなり、あっというまに冷めてしまいます。たっぷり淹れると飲めるようになるまで結構待たなきゃいけないのに、飲めるようになってからのあったか時間は一瞬。かなしい。

そんな問題を解消するのもこの「猫舌専科タンブラー」。

タンブラーの3層構造のうち、今度は真空断熱層のお仕事です。吸熱層が快適に飲めるレベルに下げてくれた温度を、真空断熱層が超絶キープ。1~2時間は平気で保ってくれます。

猫舌専科タンブラーに熱湯を入れて1時間経過後に温度を測っている写真
熱湯を入れて密封して1時間経過の温度。まだまだ温かい。

オフィスで時間をみながら飲み続けたところ、体感で「ぬるくなったな」と感じたのは2時間半ほど経過した頃でした。その間は全く温度が下がらないわけではないものの、しっかりと「あたたかい」レベルをキープしていました。

飲み物を飲む頻度が少ない人は、通常のタンブラーだと飲める温度になって1口目。そこからしばらくたって二口目にはもう冷めてる…なんてことありませんか?そんな人には特に感動モノではないでしょうか。

めっちゃ洗いやすいシンプル構造

これも使い続ける為に非常に重要なポイント。

パーツは大きく分けてたったの3つ。本体、蓋、パッキンのみです。

猫舌専科タンブラーを分解した写真
パーツはこれだけ

本体は洗いにくい溝などもなく、手やスポンジをスムーズに入れられます。

猫舌専科タンブラーの本体を上から覗いた写真
洗いやすさ満点

蓋に付いているパッキンも至ってシンプル。外すのはもちろん、取り付けも簡単。

猫舌専科タンブラーのフタの裏側の写真
溝の目印もあってパッキンの取り外しがめちゃくちゃ簡単

蓋も手の届かない構造は無し。

猫舌専科タンブラーのフタの写真
飲み口はスライド式です

飲み口がスライド式でそのままだと茶渋が残りそうですが、このスライド部分も外せるのでご安心。

猫舌専科タンブラーのフタの裏側(スライドフタ取り外し部分)の写真
裏のつまみをつまむとスライドフタも取ることができます

とまあ、本当にシンプルかつ、洗えない部品がない。高機能なのにこの使いやすさは本当に嬉しいです。
実際に使い続けていて1点だけ気付いたのですが、本体の塗装が剥げやすいので洗う時などは他の食器とぶつけないよう注意してくださいね。

公式サイトでパーツを購入できる

猫舌専科タンブラーにフタを被せている写真
フタはねじったりせず「ぎゅむ」っと押し込むタイプです

良いものは長く使いたい。そこで蓋の部分やパッキンの劣化が気になるところですが、猫舌専科タンブラーは製造メーカー「ドウシシャ」さんの公式サイトでパーツ販売を行っています。

パッキン、スライドフタ、フタユニットと、本体以外は細かく選んで購入できるので、経済的にずっと使えて安心です。

外部サイト(公式オンラインストア)
ステンレスボトル Doshisha Marche(ドウシシャ マルシェ) (doshisha-marche.jp)

マグカップタイプもあります

猫舌専科マグカップの写真
マグカップタイプは取っ手がかわいくて淡い色も素敵です

タンブラーのあとに、同じ構造のマグカップタイプも発売されました。商品名は「モッシュ!(mosh!)猫舌専科マグ」。

タンブラーが320mlなのに対し、マグカップは200mlと少なめの容量。構造はタンブラーと全く同じで、シンプル構造の3パーツ。

素早く飲み頃になるのも同じですが、容量が少ない分、保温時間はすこし短くなります。

猫舌専科マグカップを分解した写真
タンブラーと同じシンプル構造で洗うのも簡単

私はオフィスでたくさんお茶を飲むことを想定してタンブラーを購入したので、容量の少ないマグカップは使い道あるかなーどうかなー?なんて思っていたのですが、今では手放せないものとなりました。

その使い所は、朝です。このマグカップは朝起き抜けの1杯に最適なんです。

猫舌専科マグは忙しい朝に最適!

猫舌専科マグカップの飲み口の写真
飲み口のサイズ感はタンブラーと同じで、ほんのりカーブがお口に優しい

私は朝起き抜けにしっかり体を起こすために白湯(さゆ)や熱いお茶を飲むようにしています。特に寒い冬や、夏のエアコンで冷えすぎた体にはすぐにでも温まる飲み物が欲しい。

ですが沸かしたてのお湯やお茶をそそいでもすぐには飲めない…。忙しい朝にはこれが結構なストレスだったんです。

そこでこのマグカップ。私にとっての救世主です。

猫舌専科マグカップの中を映した写真
起き抜けの1杯に最適な容量

朝起きてすぐにヤカンや電気ケトルで沸かしたお湯やお茶をマグカップに注いでおくと、服を着替えた頃にはもう飲み頃。

すぐ飲めることで体もすぐにお目覚めモード。身支度も随分と捗ります。

目覚めきれずに重い体で朝の身支度を頑張っていた私にとって、今では本当に手放せないアイテムとなりました。

熱い飲み物をたっぷり淹れて、すぐ飲めるのに、ずっと温かい

猫舌専科タンブラーのパッケージを並べた写真
使える過ぎて自宅用にすぐに追加購入しました

寒い時にすぐ温まりたい、温かい時間は長くしたい。

そんなタンブラーへのワガママを一気に叶えたすごいタンブラー。高機能なのにシンプルでオシャレで使いやすいし値段も高くない。このタンブラーのおかげで市販の温かいペットボトルを買うことがなくなりました。

洗いやすいから毎日の通勤に持っていくのも全く苦じゃありません。ズボラな私でもラクラクお手入れです。

オフィスグッズでかってよかったものNo.1です。間違いなく一番。これほんと超いいからみんな使ってほしいです。寒い冬にも、暑い夏のオフィスの冷房ガンガン部屋にも、年中使えるタンブラー。是非。

ここまでお読み頂きありがとうございました!!


この記事で紹介した商品

猫舌専科タンブラー

カラーはホワイト、ピンク、グリーン、ブラックの4種類。色味とデザインのちょっとレトロな感じが可愛くもあり、それでいて男性が持っても浮かないシンプルさがとっても素敵です。

mosh! 猫舌専科マグ CAFE&WORK

保温時間がすこし短くなりますが、マグカップタイプもあります。こちら、朝の忙しい時に素早く適温になる上に、とっても丁度いい量なので起き抜けの白湯などにもおすすめです!

スポンサーリンク

2021年2月15日

Posted by たしろ