【プレートが】radiant(ラディアント)使用レビュー【トゥルトゥル】

ストレートアイロン radiant(ラディアント)のプレート部分の写真

とにかく、とにかくまっすぐにしたい…!!

そんな悩めるくせ毛の民へ、くせ毛の民な筆者たしろが贈る、気になるストレートアイロンをレビューするのコーナー。

第三段は爆速パワー系トゥルトゥルアイロン、radiant(ラディアント)です!

概要

ストレートアイロンradiant(ラディアント)の全体写真
カッコイイ車のボディのようなカッコイイ感

radiant(ラディアント)は、プレートの滑りの良さハイパワーが特徴の業務用(プロ用)ストレートアイロンです。

なかでもプレートは「シルクプレート」という独自のプレート。

その名の通り絹のような滑らかプレートが髪への摩擦や乾燥を防ぐという、髪の保護とハイパワーの両立を目指したストレートアイロンです。


ちなみにたしろは普段別のストレートアイロンを使用しているため見切り発車で購入するわけにもいかず、今回「レンティオ」という家電レンタルサービスを利用しました。

外部サイト

Rentio[レンティオ] – 家電・カメラのお試しサービス 必要な間だけレンタルで買わずに使えて、気に入れば返さず購入もできます

正論キャット

何でアイロン持ってるのに他のアイロン試すの?

アイロン狂たしろ

アイロンへの興味と好奇心が私を駆り立てるのです

仕様(スペック)

ストレートアイロンradiant(ラディアント)と絹女(KINUJO)を並べた画像
画像は各公式オンラインショップより引用

radiant(ラディアント)の仕様(スペック表)なんですが、せっかくなのでここは絹女~KINUJO~との比較表を掲載いたします!

知らんがなキャット

いや「絹女(KINUJO)」って何よ

たしろ

ラディアントの姉妹品です!「キヌージョ」って読むらしいよ!

そう、共通点多すぎるよなと以前から思っていたラディアントと絹女(KINUJO)という2つのストレートアイロン。

どうやらヘアサロン向けのラディアントパブリック向けの絹女と、この2機種は姉妹品のような関係なんだそうです。

どれくらいそっくりか、それはスペック表を見ればわかっていただけると思います!

radiant(ラディアント)28mm/KINUJO(キヌージョ) 28mmのスペック表

  radiant
(ラディアント)
KINNUJO
(キヌージョ)
電源 AC100V
周波数 50/60Hz
消費電力 48W
本体サイズ 約288(W) ×62(D)×38.5(H)mm
プレートサイズ 約28×100mm
本体重量 約390g
温度調節 約130~220℃
コードの長さ 3.5m 約2.5m
価格
(2021年8月現在)
22,000円 19,800円
カラー レッド ホワイト
付属品 プロテクター

付属品の欄にありますように、ラディアントにはヘッドの両サイドに貼る保護用のプロテクターが付属します。

ストレートアイロンradiant(ラディアント)に付属のプロテクターを【アイキャッチ】てている画像
レンティオさん新品送ってくれるもんだから貼るのためらっちゃいました

縮毛矯正の施術では髪の毛をしっかりと根元から挟むため、お客さまの頭皮を火傷させないというプロ用ならではの気遣いですね。

個人が使うならradiant(ラディアント)とKINUJOどっちがいいの?

コードレスアイロンLIP IRON(リップアイロン)のシルクプレート部分の写真
これがウワサのシルクプレート。radiantとKINUJO共通の特徴です。

ラディアントをレンタルしてレビューしといてなんですが、もし私が買うならば絹女(KINUJO)かなーと思っています。

なぜなら、今回ラディアントを使ってみて「良いじゃん!」と思った機能はKINUJOにも備わっており、その上で価格は絹女(KINUJO)の方がお安いためです。

たしろ

今回ラディアントを使ってみたからこそ分かったので、これは本当にレンタルして良かったです

ちなみに今回私がradiant(ラディアント)で「良いじゃん!」と思ったのは以下の点。

ラディアントの「いいじゃん!」ポイント
  • クセを伸ばすパワー
  • 軽さ、挟みやすさ
  • プレートの滑りの良さ

これらは全部パブリック向けである絹女(KINUJO)にも搭載されているので、一般家庭の一般会社員であるたしろは絹女(KINUJO)でいいんじゃないかという結論です。

じゃあどっから価格差がうまれてるの?

スペック表から読み取れる違いはプロテクターと、コードの長さ。

あとはラディアントのサイトを見ているとどうやら温度回復がより精密かつ早い様子(センサーレス機能)。

たしろ

縮毛矯正の施術するわけじゃないので、一般家庭でそんなにシビアな機能は不要ですいやちょっと興味はあるんですが…

私が素晴らしいなと思ったのは、radiant(ラディアント)にあってKINUJOに無いのは、どれも「美容師が仕事で使う際に必要な機能だけ」なんですよ。

家庭用だからと安易にパワーや性能をダウングレードするのではなく、家庭用としては不要と思われる部分だけを取り除いて、価格も抑える。

こんなラディアントとKINUJOの誠実な関係が、とっても良いなと思いました。

絹女(KINUJO)はコードレスアイロンもシルクプレート

ちょっと余談になりますが、筆者たしろは以前から出先で使用するコードレスアイロンにKINUJOシリーズであるLIP IRON(リップアイロン)を使用しています。

コードレスアイロンLIP IRON(リップアイロン)の写真
KINUJOシリーズのコードレスアイロン「LIP IRON(リップアイロン)」

ラディアントとKINNUJOシリーズはすべての製品にシルクプレートを採用しており、私はこのプレートの良さに惹かれてリップアイロンを購入したので元々KINUJOへの信頼も十分にありました。

が、コードレスアイロンについては、未だにこれだ!と言えるものに出会えておりません。

主な理由はパワー不足なんですが、そんな中でも1番私の理想に近いものとして、暫定的にLIP IRONを使用しているといった感じです。

すごい語りたいたしろ

長くなるのでコードレスアイロンについてはまたの機会に語らせてください…!!

radiant(ラディアント)を14日間使用してみました

ご注意ください

以降の感想や使い心地、効果は筆者たしろの髪質、癖の強さ、アイロン使いのスキルなどあくまで個人の使用感になります。決してすべての方に当てはまるものではございませんので、参考程度に見ていただければ幸いです。

radiant(ラディアント)生活、スタートぉ!!

レンタル前にKINUJOのコードレスアイロンでプレートの良さは知っていた私。

よりプロ向けに作られているというか、KINUJOの元とも言えるradiant(ラディアント)には興味津々です。

レンティオさんからさっそく届いたradiant(ラディアント)を、朝晩14日間ほぼ毎日みっちりと使用しました。

プレートの滑りは随一!やみつきの滑らかさ!

ストレートアイロンradiant(ラディアント)のシルクプレート部分の写真
見た目は布のような織り目っぽさ。手触りはトゥルトゥル。

radiant(ラディアント)と絹女(KINUJO)最大のおすすめポイントはプレートの滑り良さ

何度だって言い切りますこれ以上に滑りが良いプレートは現時点でありませんと思っていますたしろは(倒置法)。

これは本当に気になっている方全員に触ってみていただきたいし、試しにワンスルー体験会開きたいくらいすごいです。

私の語彙力で伝わらないのは承知なんですが、トゥルトゥルなんです。トゥルトゥル。わかります?わかんないです?ごめんね?

しかもですね、このプレート噛み合わせがいい上に遊びがある(沈む)んですよ。

ストレートアイロンradiant(ラディアント)のプレートが沈む図
押さえるとかなり柔軟に沈む

髪の毛を強く挟みすぎても遊びがクッションの役割をしてくれることで、切れ毛や傷みを防ぎやすくしてくれます。

従来のパワー系アイロンほど髪の毛に気を使わずストレートにできるという、快適な14日間でした。

なめらかすぎるゆえにテンションをかけにくい

こんな事あるんだぁ…!!」なんて放心しましたこの問題。

radiant(ラディアント)とKINUJOどちらも、前髪や髪の内側など少量の毛束を挟んだ時に一部の髪がこう、ウネっと嫌な感じになってしまうことがありました。

radiant(ラディアント)で前髪をストレートにしそびれた状態の写真
ウネっとしているの図

「プレートの幅も広く、かみ合わせもバッチリなのになぜ…?」と不思議だったのですが、よ~く観察しながらスルーしていると発覚しました。

なんとプレートの滑りが良すぎて、挟んでテンションをかけた際に毛束の一部が滑り落ちていることが判明。

噛み合わせにスキマがあるわけでもないのに、傷むどころか毛束が逃げるなんて初めてのことです。

それほどまでに髪に優しいのですが、ウネっとされるのは困るわけで。

14日間みっちり研究した結果、以下をしっかり意識するのがキレイなまっすぐにするポイントです。

シルクプレートを使いこなすコツ
  • 極端に長さの違う毛を一度に挟まない。
  • 細かくブロッキングし、テンションは毛束を持つ手の方でかける

アイロンの挟む力に任せてテンションをかける(髪をっ真っ直ぐ伸ばす)のではなく、アイロンを持っていない方の手で毛束を持ってそちらでテンションをかけるとイイ感じでした。

ストレートアイロンでキレイにまっすぐにするコツの解説写真
返却してから画像不足に気づいたので、別のアイロン(アドスト)での例です
要約キャット

つまり前髪や内側の毛は丁寧にアイロンスルーを行うってことやな。

ズボラが過ぎるたしろ

ズボラにはちょっとした試練ね

でもこのプレート滑りの良さはヤミツキになりそうなくらい素晴らしいんですよ。ちょっとしたひと手間レベルであの滑りと考えると、致命的なデメリットとまではいかないように思います。

丁寧にアイロン操作を行うことなんて本来当たり前のことではあるので、人によっては問題でもなんでもないのかもしれませんね…なんて今思いました。ズボラですみません…。

仕上がり/見た目

ストレートアイロンradiant(ラディアント)でストレートにする前と後の比較画像
加工すること考えて自撮りしなよたしろ

プレートのおかげで髪の水分が逃げにくく、仕上がりは「強制的な真っ直ぐ感」が少ない所がradiant(ラディアント)ならではな印象です。

さすがのパワーで仕上がりは満足

これまでにレビューしたヘアビューロンエヴァロンはじっくり熱を入れるアイロンだったのに対し、このラディアントはハイパワーで一気に真っ直ぐにするアイロンです。

たしろ

私が普段使用しているADST(アドスト)と同じタイプです!

1度のスルーでまっすぐになってくれますし、仕上がりもキレイ。

特に見た目。保水に優れいているタイプのアイロンと同じように、上がりがあんまりパサパサしていない所はradiant(ラディアント)ならではの仕上がりです。

ただし!前述した通りプレートの滑りがとってもよくテンションがかけにくくなっておりますので、クセが強い方はキレイなまっすぐにするのに若干時間がかかるかもしれません。

操作性

操作性は少しだけ引っかかる点があったものの、全体的にとてもいい使い心地で致命的なデメリットはなかった印象です。

爆速加熱でノンストレス

これは見ていただくのが手っ取り早いと思ったので動画に収めました。倍速など一切なしで、180度まで温まる様子をご覧ください。

180度到達に30秒もかからない驚異の速さ

いついかなる時も思い立ったらすぐにストレート!

このハイパワーは忙しい朝などにとてつもないアドバンテージをもたらしてくれますよ…!

たしろ

朝が弱いたしろには最っっ高でした!!

見た目に反して軽ぅ~い

ストレートアイロンradiant(ラディアント)とADST(アドスト)を並べた写真
キングオブ軽いのアドストと、このサイズ違いでたったの100g差

サイズはそこそこの大きさなこのアイロン。

写真で見ていた時は「ヘッドが重そうだな」なんて思っていたのに手にとって見れば軽いのなんの。

また挟む際のバネも柔らかく、握力が幼稚園児並のたしろでも疲れることなく使う事ができました。

たしろ

人によっては長時間使うので、この軽さはとっても嬉しいポイントです!

大きめヘッドですが、根本から挟めます

ストレートアイロンradiant(ラディアント)を正面から見た写真
ハンバーガーみたい

見た感じごついプレート背面ですが、プレートはサイドの余白を極限までなくしています。

そのおかげで、髪の根本から挟めてワンスルーでまっすぐ楽勝。これですよ求めていたのは…!!

たしろ

ちなみに付属のプロテクターを貼らなくても火傷せずに根本から挟めました

手にフィットする設計

ストレートアイロンradiant(ラディアント)のグリップ部分の写真
アイロンがでかいというよりたしろの手がとても小さい可能性

ヘッドとグリップの間に、いかにも「ここに指置いてね!」と言わんばかりの出っ張りがあり、そこに素直に指を置くとブレずに挟めて、ヘアセットが捗りました。

軽さも相まって操作性は抜群…と思いきや、1点だけ気になったのが、次で説明しますボタン位置。

左利きにはボタン位置がやや難あり

ストレートアイロンradiant(ラディアント)を横から見た写真
左利きがグリップの指置きに従うと、ボタンと手がバッティングします

グリップ上部は親指置き場、グリップ下部は滑り止めのような仕様になっているこのアイロン。左利きがその通りに持つと思わぬ不便が発生しました。

ちょうど握る場所に電源と温度設定のボタンがくるため、ヘアセットに夢中になっている間に電源を切ってしまったり、温度を上げたり下げたりしてしまうことがあります。

持ち方を気をつければ問題ないのですがなかなか慣れず、14日間の使用中は時々ディスプレイを見て、誤操作がないか確認しながら使用しました。

総評

ストレートアイロンradiant(ラディアント)のヘッド部分の写真
一度見たら忘れない特徴的な外観

プロ用ストレートアイロンはいくつか試したことがありますが、パワー系括りでの髪への優しさは現時点でダントツです。

髪のクセが強めでパワー系やプロ用アイロンに手を出したいけど、アイロン使いに慣れなくて髪を痛めそう…なんて心配がある方にうってつけのアイロンではないでしょうか。

クセの伸びはテンションのかけにくさもありダントツとは言いませんが、髪への優しさとクセの伸びのバランスを考えると、総合的にかなり優秀なアイロンだと感じました。

そんなわけで、たしろ個人の感想は…。

たしろの感想

結構私好みです。
パワーはしっかりしている上に毛先をスルーしてもブチブチ感がめちゃ少ないのが本当に素晴らしい!
クセの伸びは現在使っているアイロンの方が優れているのでちょっと不安はありますが、きちんと使えば十分にクセを伸ばせました。
起動の速さも朝が苦手な私には最高。現在使っているアイロンが壊れたら購入を検討する可能性、めっちゃあるで…!

「結局検討だけかよ」と思われるかもしれませんが、私にとっては結構すごい事なんです。

これまで頑なにADST(アドスト)というアイロンだけを使い続けてきた私にとって【もし乗り換えるなら】なんて選択肢はたしろ史上初。

アイロンってやっぱり実際に使ってみないとわかんないなー!!と楽しくも思い知った1機でございました。

どこで買えるの?

radiant(ラディアント)も絹女(KINUJO)も、公式オンラインショップや各種通販サイトで購入ができます。

radiant(ラディアント)

¥21,850 (2021/09/14 09:25時点 | Amazon調べ)

radiant(ラディアント)はレンタルも出来る

私がまさにそうだったんですが、「購入に踏み切る前に使用感を試してみたい…!」なんて方にはレンタルがおすすめ。

たしろ

私は「レンティオ」という家電レンタルサービスを利用しました

外部サイト

Rentio[レンティオ] – 家電・カメラのお試しサービス 必要な間だけレンタルで買わずに使えて、気に入れば返さず購入もできます


絹女(KINUJO)

絹女(KINUJO)も公式オンラインショップだけでなく色んな通販サイトで購入できます…が!

公式が認定している正規代理店以外での購入は保証対象外となりますので注意が必要です。

公式オンラインショップはこちら!

そのほか正規代理店の一覧は、こちらをご確認くださいませ。

外部サイト

絹女(KINUJO)正規代理店一覧

ここまでお読みくださり、ありがとうございました!!


こちらの記事もおすすめ!

他にもストレートアイロンのレビューや紹介をしています。すべて実際に使用した上での記事なので、購入前のリサーチにどうぞ!

ヘアビューロン 4D Plusの14日間お試しレビュー

【仕上がりVS操作性】ヘアビューロン 4D Plus 使用レビュー【ファイッ!】

EVERRON(エヴァロン)の14日間お試しレビュー

【優しさの塊】EVERRON(エヴァロン)使用レビュー【ナチュラルストレート】

クセつよの民である筆者たしろの愛用ストレートアイロン

おすすめストレートアイロン「ADST(アドスト)」で学ぶ、髪をまっすぐにするコツ

スポンサーリンク

Posted by たしろ