【仕上がりVS操作性】ヘアビューロン 4D Plus 使用レビュー【ファイッ!】

2021年7月22日

ヘアビューロン 4D Plusを手に持った写真

とにかく、とにかく真っ直ぐにしたい!!

そんな悩めるくせ毛の民へ、くせ毛の民な筆者たしろが贈る、気になるストレートアイロンをレビューするのコーナー。

栄えある第一弾は、最初からクライマックスの超高価格帯ストレートアイロン、「ヘアビューロン 4D Plus」です!

ヘアビューロン概要

ヘアビューロン 4D Plusの写真
ヘアビューロン 4D Plus


突如現れてあれよあれよと人気アイロンのひとつに上りつめた高価格帯ストレートアイロン。今は超高価格帯ストレートアイロンと言いましょうか。

髪の毛が傷まない、使うほどにキレイになるなんて口コミも目にするこのストレートアイロンが気にならないわけがありません。

でも高い!!めちゃくちゃ高い!!!この記事執筆時点で、最新モデル(ヘアビューロン 7D Plus)はお値段税込71,500円ですもうわろてまうね!※(2021年4月現在)

ちなみに今回、購入に踏み切る度胸はなかったので「レンティオ」という家電レンタルサービスを利用しました。

外部サイト

Rentio[レンティオ] – 家電・カメラのお試しサービス 必要な間だけレンタルで買わずに使えて、気に入れば返さず購入もできます

レンタルしたのは最新モデルではなく、1つ前のヘアビューロン 4D Plusというモデルです。1つ前とはいえ見くびらないで頂きたいそのお値段はなんと購入すると税込49,500円(2021年4月現在)。

レンタルなら数千円で試せるということで、使わない手はありません。便利な世の中になりましたね…。

仕様

ヘアビューロン 4D Plusの設定パネル部分
ロック、電源自動OFF、音でお知らせ…と、設定面が充実
製品名ヘアビューロン 4D Plus [ストレート]
型 名HBRST4D-G-JP
電 源AC 100V~240V 50/60Hz
消費電力48W ±10%
温度約40℃~180℃
サイズ高さ293×幅29×奥行85mm(使用時)
高さ310×幅33×奥行42mm(キャップを装着した格納時)
質 量約422.5g
安全装置電流ヒューズ
電源コード長2.0m
付属品キャップ(1個)
ヘアビューロン公式サイトより引用

最重要視してた設定温度は申し分なし、重さ、サイズが結構ありそうだな…?という印象です。

また、人によりけりですがコードの長さが1.5m以上あるのはコンセントの場所が少ない我が家にとって嬉しいポイントでした。

ヘアビューロン特徴

付属の取説を要約すると【高温でも傷まないから、何もつけない素髪の状態でゆっくり何度もスルーしてね】との事。

スルー…アイロンに髪の毛を挟んで根本から毛先に滑らせる事

本来ストレートアイロンというのは【過度な高温は避け手早くワンスルー】が基本。何でってそうしないと髪の毛がめちゃくちゃ傷むからです。

ストレートアイロンの常識を全部覆したヘアビューロンの使用方法。「ホンマに大丈夫か?」とドキドキしながら、レンタル期間めいっぱいの14日使いました。

ヘアビューロンを14日使いました

ご注意ください

以降の感想や使い心地、効果は筆者たしろの髪質、癖の強さ、アイロン使いのスキルなどあくまで個人の使用感になります。決してすべての方に当てはまるものではございませんので、参考程度に見ていただければ幸いです。

さてさてレンタルで届きましたヘアビューロン 4D Plus。使用期間は14日間、朝晩2回ほぼ毎日とかなりヘヴィーに使いました。

まずはじめにざっくり感想は以下の通りです。

ざっくり感想
  • 仕上がりの見た目はサロンで縮毛矯正した直後のよう。これすんげぇ。
  • だけども手触りはなんとなく髪の毛が硬いと言うか、ごわついてる感?
    (サロンのトリートメント後とは明確に違うと感じました)
  • 操作感は、不慣れであることを考慮してもまぁまぁの難アリ

ヘアビューロンさん、仕上がりは本当に満足でデメリットが無いんじゃないかと思ったのですが、使いにくさに関する問題が結構目立ちました。

その詳細を1つずつご覧くださいませ。

仕上がり/見た目

ヘアビューロン 4D Plusでストレートにする前と後の画像
自撮りって難しい

何というか、使用方法から仕上がりまでなんとも不思議な感覚です。

絶対に髪の毛が傷むような使い方なのに、仕上がりは過去使ってきたどのアイロンよりも明らかにキレイです。ツヤ感あるんです。

私は普段、同じく高価格帯のストレートアイロン「ADST(アドスト)」を溺愛レベルで愛用しています。

このアイロンは髪の癖(うねり、外ハネ)の強い私にとって救世主のような存在で、まっすぐなのに仕上がりがよく、長い間アドストに匹敵するアイロンに巡り会えずにいました。

そんな中このヘアビューロン。仕上がり(見た目)の綺麗さ、ツヤ感は圧勝です。

そのため「とにかくまっすぐ、キレイな見た目に」という最優先の目的に関しては100点満点やんけ!!と思いましたし思わず叫びました。

長期間使用で若干気になった点

毎日使って10日目を過ぎたくらいからでしょうか…髪の毛の静電気がすごい。

まっすぐストンとした仕上がりに変わりはないのですが、静電気でアホ毛が半端ないのと、少し手ぐしを通しただけでブワッと。

ヘアビューロンといえど、やっぱり毎日ヘヴィに使うと良くないのかなぁという印象。

たしろ

レンタル品なので、プレートの表面が使い込まれてる点もあるかもしれません…

ただそれを差し引いても、過去使ってきたどのアイロンをも凌駕する仕上がりだったので、14日間に限って言えば大満足でした。

小雨に耐えきった!!!

我らくせ毛の民にとって半分諦めでもある「雨の日外出た途端にぜんぶ台無し」問題。

ここまで見事なストレートをしっかり丸一日キープし通せるのなら、あるいは…!?という期待を淡く抱いていたので、実は雨が降るのを心待ちにしていました。

ですがレンタル期間中、驚くほどの晴れ続き…返却日当日ギリッギリに小雨が降ったので1日だけ雨の日検証ができました。

ただし検証方法はヘアビューロンだけではなく、普段どおりの雨対策(アイロン後にオイルスプレーを使う等)もしています。

結果、丸一日許容範囲で過ごせることが出来たのですよ。普段のように「最寄り駅についたときにはもうハネてうねって広がって絶望」とはなりませんでした。

たしろ

広がらないのは髪の毛の水分を逃さずに真っ直ぐにしないとできない芸当!すごいです!

もちろん晴れの日と同様の仕上がりキープとはなりませんが、一番クセの強い箇所(左のもみあげ付近)がちょっとハネそう…ぐらいでとどまってくれて、全体的にはストレートをキープしてくれました。

雨の日特有のうねり、広がりが無かったのは感動モノでした。欲を言えばもうちょっと高湿度でも試したかった…!!

たしろ

雨の日の出勤後にコードレスアイロン使わなかったのは初めてかもしれない…これには驚きです

ご注意ください

あくまで低湿度な小雨の日の検証です。
たしろは、くせ毛の性質(水素結合のしくみ)上、雨や高湿度に完璧に耐えうるストレートアイロンは現時点で存在しないと思っています。
「雨の日くせ毛問題」を完全解決する術は現時点では、やっぱり縮毛矯正一択かなと。
そんな前提で、少しでもマシに保つためのアイロン、その中でも優秀なマシさを保つのがヘアビューロン 4D Plus…くらいに受け取っていただけますと幸いです。

手触りの謎

まるでサロン帰りのような真っ直ぐさなのですが、触った感触は真っ直ぐなんだけどちょっと硬いんですよ。良く言えばしっかりしたとも言えるのかな?しっかりストンとまっすぐな感じ…?

アドストだと手ぐしを通してもスルッっとした指通りなのに、ヘアビューロンは手ぐしを通すと毛先がぶつかるんです。引っかかるとか絡まるというより、ぶつかる感じ。う~ん…うまく言えなくて申し訳ないです。

自分で触っててもいい状態なのか悪い状態なのかも判別つかないのでとにかく不思議です。

たしろ

これ髪の毛がどういう変化を起こしてるのかな?ととにかく不思議に思いました

操作性

良くも悪くもヘアアイロン選びに大事なものは何かを教えてくれたヘアビューロンの操作性。

ぶっちゃけますとあまり良いとは思えず、仕上がりのダントツっぷりと操作性の悪さのバランスに苦心する結果となりました。

サイズ/重さ

ヘアビューロン 4D Plusを手に持った写真
私の手が小さいのもあって、火ばさみレベルの大きさ

サイズは手にとって見るとなかなかデカイです。そして重いです。普段から軽量がウリのストレートアイロンを使用していた私は本当にびっくりしました。

ボブめのたしろ

ただしロングで毛量が多い方は、このプレートサイズは嬉しいポイントかもしれません!

そしてサイズが大きいく重たい分、挟むのに結構な握力を必要としました。

私は手がかなり小さく、握力が平均より弱いので皆さんは参考にならないかもしれませんが…親指の付け根がものすごく筋肉痛になりました。

カールアイロン並の激熱スペースで根本からのスルーはほぼ不可能

ヘアビューロン 4D Plusの熱くなる部分を解説している写真
プレート背面までしっかり熱いよ!

これが私にとっては最大のデメリットでした。

プレートの背面部分が激熱なので、すこしでも頭皮や顔に当たると容赦なくやけどをします。

そのため前髪や内側、耳のそばを挟むのもかなり慎重かつ正確な取り回しが必要です。サイズのデカさと重さ、後述する噛み合わせ問題も相まって、とにかく扱いづらいです。

特に以下に当てはまる人は購入前に吟味し、ぜひとも私のように家電レンタルサービスの利用や直営店の体験コーナーで、普段使い(熱々)の状態でお試しを推奨したいです。

購入前にお試し推奨の方
  • ショートやボブの方
  • しっかりブロッキングして根本からスルーしたい方
  • 前髪や髪の内側を重点的に真っ直ぐにしたい方
たしろ

アイロン使いに長けてる方のたしろでも、根本のスルーをしたくてギリギリを攻めてるうちに頬と耳にちいさなやけどを何回か負いました…。

噛み合わせについて

これもなかなかのマイナスポイントです。

プレートを閉じてみると、きちんと噛み合うのは先端だけで、先端以外はかなりのスキマです。

ヘアビューロン 4D Plusのプレートの隙間がわかる写真
軽く閉じてこの状態

できるだけ均等にはさみたいのにプレート先端に合わせるとプレート中腹の隙間から髪の毛が落ちるし、プレート中腹に合わせてギュッと挟むと、先端の髪の毛がブチブチと痛めつけられます。

試行錯誤の結果、毛束をある程度のボリュームにして、プレートの中腹だけでスルーする事で均等に挟めて傷みも少なくストレートにできました。

ですが私が一番真っ直ぐにしたい箇所はサイドのもみあげ付近。頬のそばを少量の毛束でまっすぐにしたいんですよね…。

そんなわけで前の項目とちょっと内容が被るのですが、髪の内側ほど癖の強い方や前髪を真っ直ぐにしたい方、毛量の少ない方、プレートではさみすぎて髪が傷むのを恐れる方には正直めちゃくちゃ使いにくいです。

たしろ

きちんとまんべんなくスルーするには、クリップで髪を仕分けないと難しいですね…

総評

欲しいか欲しくないかで言えば、欲しいです。ですが「ストレートアイロンはこれ一本しか持てない」と言われるとちょっと悩みます。

ゆっくり、何度もスルーするとどのアイロンよりも素晴らしい仕上がりになるのは間違いないのですが、その使い方を阻むかのような「致命的になりかねないレベルの使い勝手の悪さ」がとっても惜しいなー!と感じました。

かみ合わせの悪さと熱い部分のやけどを考慮してかなり繊細な取り回しが必要。なのにサイズのデカさと重さと挟むために必要な握力が、推奨しているはずの"時間をかけてゆっくり使う"使い方にはあまりにデメリットです。

さらに、あたたまるのに時間がかかる方(3分くらい)なので、毎朝の忙しい時間帯に使うにはかなり習熟した使いこなしを要求されます。

そんなわけでたしろ個人の感想は…

たしろの感想

正直毎日使うのは断念してしまいそう。
けど雨の日や大事なお出かけの日など、絶対にキレイな仕上がりにしたい!なんて時はヘアビューロンが他の追随を許さないクオリティにできるので、サブ機として持てば最強!!お金に余裕あったらむちゃくちゃ欲しいね!

これらのデメリットをクリアしたならば、私にとって本当に最強の一本になるでしょう…!!!

どこで買えるの?

購入される場合は、販売元であるバイオプログラミング公式が複数のオンラインショップを構えておられます。

主要な通販サイトの場合、Amazon、楽天、Yahoo!にて公式ブランドが通販をおこなっていますので、公式ショップで購入することをおすすめします。

公式以外は非正規品であったり保証書が無い/ショップ名が白紙で保証が効かないなど、トラブルの元になるので気をつけてくださいね。

公式ショップはこちら!

使用感を確かめたいなら家電レンタルサービスがおすすめ

途中でちらっと言いましたが、私も今回購入してのレビューではなく、家電レンタルサービス 「レンティオ」 を利用しました。

レンティオさんは高額家電をお試し価格で使用できる上に、気に入ったレンタル品はそのまま買い取ることもできるんです。

今回レビューしたストレートアイロンなんかは特に!合う合わないが十人十色なので、どうしても気になる場合はとりあえずレンタルしてみてはいかがでしょうか?

外部サイト

Rentio[レンティオ] – 家電・カメラのお試しサービス 必要な間だけレンタルで買わずに使えて、気に入れば返さず購入もできます

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!


こちらの記事もおすすめ!

他にもストレートアイロンのレビューをしています。すべて実際に使用した上での記事なので、購入前のリサーチにどうぞ!

クセつよの民である筆者たしろの愛用ストレートアイロン

おすすめストレートアイロン「ADST(アドスト)」で学ぶ、髪をまっすぐにするコツ

EVERRON(エヴァロン)の14日間お試しレビュー

【優しさの塊】エヴァロン使用レビュー【ナチュラルストレート】

radiant(ラディアント)の14日間お試しレビュー

【プレートが】radiant(ラディアント)使用レビュー【トゥルトゥル】

スポンサーリンク

2021年7月22日

Posted by たしろ