【2021年冬】「LUPICIA(ルピシア)お茶の福袋」の開封レビュー

2020年12月27日

こんにちは、たしろです。

私は毎年、お茶の専門店LUPICIA(ルピシア)で夏と冬に販売される、お茶の福袋を購入しています。
今年も無事、2021年冬の福袋が届きましたので、開封して中身を紹介します!

ルピシアの詳細や、初心者におすすめの商品についてはこちらで紹介しています!

スポンサーリンク

LUPICIA(ルピシア)お茶の福袋って?

ルピシア福袋のチラシ
ルピシア会員になると早めにお知らせのチラシが届きます。

LUPICIA(ルピシア)の福袋は、大きく「松(10,800円)」「竹(5,400円)」「梅(3,240円)」の3種類に分かれており、その内の「竹」と「梅」は、紅茶のみ、ティーバッグのみ、など、更に細かく選択できるようになっています。

どのコースも購入価格の2倍相当のお茶が入っているので、めちゃくちゃお得にいろんな種類のお茶を楽しめることで大好評のようです。

購入したのは松の①(紅茶・緑茶・烏龍茶・フレーバード含む)

今回購入したのは松の①、10,800円で、フレーバードを含む紅茶・緑茶・烏龍茶が入っているコースです。

この「松」はルピシア福袋の中でも一番お高いもの。高級茶葉が入っている一方で、「竹」「梅」のように紅茶だけ!ティーバッグだけ!ノンフレーバードだけ!といった細かいコース分けがされていません。リーフ一択であらゆる種類の茶葉がセットになっています。

苦手なお茶がある方は要注意ですね。

と言いつつ実はワタクシたしろ、甘い系のフレーバードが苦手です。なぜならスイーツが、砂糖が苦手だから…。
そのためノンフレーバードのリーフが選べる竹の④を選ぶのが最適解ではあるのですよ。
福袋を購入するのは夏、冬合わせて今回が3度目ですが、実際、初めて購入した際は竹の④を購入しました。

ですが一方でワタクシたしろ、ダージリンが大好きでございます。
松はダージリンの高級茶葉が多く入っていてお得だと知人に聞きまして。

あまりお茶に関する知識もないため、自分ではなかなか選べない高級茶葉。
それをルピシアさんがランダムチョイスしてくれて、しかも購入価格の2倍相当のお品。

美味しいお茶を色々試せるいいチャンスじゃん!と松の購入を決心したのです。

そんなわけで無事届いた福袋。さてさて結果はどうかな…!?

福袋開封!中身をぜんぶ紹介!

お茶はこのような箱に詰められています。とってもコンパクト。

ルピシア福袋「松」の箱
福袋という名の箱

一つは福袋「松」。もう一つは福袋の「松」「竹」どちらかを購入した際に選べるおまけです。
今年は以下の3通りから選択できました。

  • 人気のお茶ティーバッグ15種類セット
  • 迎春リーフティー3種セット
  • ルピシアオリジナルエコバッグ

今回たしろが選んだのは「迎春リーフティー3種セット」。上の赤い箱がそれです。

ではでは!!おまけも含めて中身のネタバレです!

LUPICIA(ルピシア)福袋「松」

ルピシア福袋2021「松」の中身一覧
ルピシア福袋2021「松」の中身一覧

以下が一覧です(価格はルピシアオンラインストアで販売されていた時に調べたもの)。

ルピシア福袋「松」の中身一覧

紅茶

  • THURBO MOON LIGHT(タルボ ムーンライト) 2020-DJ5 50g 3,000円
  • SINGBULLI(シンブーリ) SFTGFOP1 2020-DJ48 50g 3,000円
  • SAMABEONG(サマビオン) FTGFOP1 2020-DJ74 40g 3,000円
  • ORANGE VALLEY(オレンジバレー) SFTGFOP1 2020-DJ3 50g 2,500円
  • DOOMNI GOLDEN TIPS QUALITY(ドゥームニ ゴールデンチップス クオリティー) 2020 25g 1,680円

烏龍茶

  • 阿里山烏龍 花香(アリサンウーロン ハナコウ) 春摘み 30g 1,680円
  • 凍頂烏龍 特級 中焙煎(トウチョウウーロン チュウバイセン) 春摘み 50g 1,900円
  • 台湾モクレン烏龍(タイワン モクレン ウーロン) 40g 1,200円

日本茶

  • 五ヶ瀬釜炒り新茶(ゴカセカマイリシンチャ)2020 50g 1,300円
  • 朝宮新茶 特上(アサミヤシンチャ トクジョウ) 2020 50g 1,600円

フレーバードティー

  • 白桃ジャスミン(ハクトウ ジャスミン) 50g 1,640円
  • EMERALD EARL GREY(エメラルド・アールグレイ) 30g 920円

以上、10,800円で購入して、トータル23,420円相当の茶葉が入っておりました。ダージリンの値段は圧巻ですね…。
懸念しておりましたフレーバードも2種のみ、どちらも甘いのが苦手でも飲めるものでうれしい!!

それでは一つずつ、ラベルのお写真をご紹介します!

紅茶

知人に聞いたとおり、ダージリンの高級茶葉がずらり。
たしろはは特に春摘みが好きなのですが、さあ入っているかな…?

THURBO MOON LIGHT(タルボ ムーンライト) 2020-DJ5

THURBO MOON LIGHT(タルボ ムーンライト) 2020-DJ5
THURBO MOON LIGHT(タルボ ムーンライト) 2020-DJ5

50gで3000円という、まごうことなく高級ダージリン。大好きな春摘み!
「月光」って名前も美しい…!過去の福袋に入っていたことはないので、今回初めて飲みます。

SINGBULLI(シンブーリ) SFTGFOP1 2020-DJ48

SINGBULLI(シンブーリ) SFTGFOP1 2020-DJ48
SINGBULLI(シンブーリ) SFTGFOP1 2020-DJ48

こちらも高級ダージリン。夏摘みは甘さを堪能できるダージリン。こちらも初めてなので楽しみです。

SAMABEONG(サマビオン) FTGFOP1 2020-DJ74

SAMABEONG(サマビオン) FTGFOP1 2020-DJ74
SAMABEONG(サマビオン) FTGFOP1 2020-DJ74

こちらもお初にお目にかかります。「黒糖を思わせる」という一文に、甘いものが苦手なたしろは少し不安を覚えますが…飲んでみましたら感想を追記していきたいと思います!!

開封後の感想

開封早々甘い香りが漂います。淹れてみると夏摘みらしい濃い水色で、香りも重厚な感じ。飲んでみると本当に甘い。甘くてまろやかな口当たりで、渋みはほぼ無い!

パッケージの「黒糖を思わせる」はホントにその通りだと思いました。とはいえリーフティーなので、好みとは言いませんが甘いものが苦手な私でもちゃーんと飲めました!甘いもの苦手フィルターを外せばとっても落ち着く味でした。

ORANGE VALLEY(オレンジバレー) SFTGFOP1 2020-DJ3

ORANGE VALLEY(オレンジバレー) SFTGFOP1 2020-DJ3
ORANGE VALLEY(オレンジバレー) SFTGFOP1 2020-DJ3

こちらも初めて飲む銘柄。ダージリンの春摘み2つも入ってた!とっても楽しみ。

烏龍茶

台湾烏龍茶は、ルピシアに出会うまでペットボトルの凍頂烏龍しか飲んだことがなかったのですが、茶葉から淹れて飲んでみて、とてつもなく大好きになってしまったお茶です。

阿里山烏龍 花香(アリサンウーロン ハナコウ) 春摘み

阿里山烏龍 花香(アリサンウーロン ハナコウ) 春摘み
阿里山烏龍 花香(アリサンウーロン ハナコウ) 春摘み

阿里山烏龍は特級の冬摘みをまさしく今飲んでおります。
春摘みは飲んだことないし、「花香」ってのがとっても気になる…飲むのがとっても楽しみです!

凍頂烏龍 特級 中焙煎(トウチョウウーロン チュウバイセン) 春摘み

凍頂烏龍 特級 中焙煎(トウチョウウーロン チュウバイセン) 春摘み
凍頂烏龍 特級 中焙煎(トウチョウウーロン チュウバイセン) 春摘み

初めて飲んだ台湾烏龍茶が凍頂烏龍茶なんですが、柔らかい中にもスッキリと漂う爽快感がとっても好きなんです。

中焙煎というのはお初にお目にかかります。香ばしいお茶大好きなので、こちらも期待が持てます…!!

台湾モクレン烏龍(タイワン モクレン ウーロン)

台湾モクレン烏龍(タイワン モクレン ウーロン)
台湾モクレン烏龍(タイワン モクレン ウーロン)

台湾烏龍茶に、モクレンの生花で香り付けをしているというお茶。
フレーバードティーとは別の、「花茶」という、ピシアオリジナルのジャンルだそうです。
公式サイトには特に水出しがおすすめと書いてありますので、ぜひとも水出しで飲んでみようと思います!

日本茶

これまた大好きな日本茶。なかでも新茶は優しい香りで旨味もたっぷり。
春限定な今年の新茶がこの時期飲めるのは福袋ならでは!!

五ヶ瀬釜炒り新茶(ゴカセカマイリシンチャ)2020

五ヶ瀬釜炒り新茶(ゴカセカマイリシンチャ)2020
五ヶ瀬釜炒り新茶(ゴカセカマイリシンチャ)2020

こちらの五ヶ瀬釜炒り茶は、たしろが何度も購入している大好きなお茶!
釜炒りにしか出せない香ばしさがたまりません。

その大好きな釜炒り茶の「新茶」は、通常の釜炒り茶よりもまろやかですが香ばしさもしっかり感じられます。

旬にしか味わえない新茶をこの時期に味わえるのは福袋ならではの楽しみですね~。

開封後の感想

茶葉は濃い緑。開封した瞬間の香ばしい香りが素晴らしいです。

淹れたときも同じく香ばしいいい香り。水色薄く見えますが、ガツンと濃い味ながらも新茶のスッキリ奥深い味わいでとっても美味しいです。

たしろ

淹れた後の茶葉はとっても鮮やか。お浸しにするとまたお茶の味を楽しめて美味しいです!

朝宮新茶 特上(アサミヤシンチャ トクジョウ) 2020

朝宮新茶 特上(アサミヤシンチャ トクジョウ) 2020
朝宮新茶 特上(アサミヤシンチャ トクジョウ) 2020

朝宮茶は滋賀の方で作られる伝統あるお茶で、渋みのなかにも甘みがある、ラベルにもある「古き良き日本茶」っという表現がまさにぴったりなお茶。

朝宮茶の新茶を飲むのは初めてなので、こちらもめちゃくちゃ楽しみです!

フレーバードティー

福袋の「松」を購入するにあたって、唯一の懸念事項だったフレーバードティー。
ラベルを見たところ苦手なフレーバーではなさそうだったので、入っていた2種とも飲むのがとっても楽しみです!

白桃ジャスミン(ハクトウ ジャスミン)

白桃ジャスミン(ハクトウ ジャスミン)
白桃ジャスミン(ハクトウ ジャスミン)

ルピシアのフレーバードティーでダントツの人気を誇るのが白桃煎茶を筆頭とした、白桃フレーバードティーシリーズ。

たしろも白桃煎茶と白桃ダージリンを飲んだことがありますが、白桃の上品な香りがしっかり感じられるけど決してお茶の邪魔をしてなくて飲みやすく、特に水出しは夏に飲むとスッキリ爽やかで気分もアガります。

今回は白桃ジャスミン。組み合わせからして絶対いい感じと睨んでます。水出し、お湯出し、どっちも味わう所存ですよ~!!

EMERALD EARL GREY(エメラルド・アールグレイ)

EMERALD EARL GREY(エメラルド・アールグレイ)
EMERALD EARL GREY(エメラルド・アールグレイ)

こちら開封直後、唯一ラベルを2度見したお茶です。

アールグレイといえば紅茶というイメージなのに、ラベルの色が中国茶の緑…?と。
台湾烏龍に白茶(中国茶)とベルガモットで香り付けをし、さらにダイダイの皮もはいっているそう。

香りのキツイアールグレイ紅茶はあまり好きではないのですが、台湾烏龍のアールグレイ。さてさてこちらは口にあうかな…?

おまけの迎春リーフティー3種セット

ルピシア福袋のおまけ「迎春リーフティー3種セット」
人気のリーフティーの迎春パッケージ
ルピシア福袋のおまけ「迎春リーフティー3種」の中身一覧

  • Merci mille fois(メルシー ミルフォア)20g
  • 白桃烏龍 極品(ハクトウウーロン ゴクヒン)20g
  • LA BELLE EPOQUE(ベルエポック)20g

おまけのリーフティーは各20gとなっており、一般販売と容量が異なっているため価格が不明です(グラム換算まではしません。笑)

LUPICIA(ルピシア)のフレーバーティーの中でも特に人気のお茶をセレクトした、おまけと言うにはかなり豪華なセットです。こちらも一つずつ紹介しますね。

Merci mille fois(メルシー ミルフォア)

Merci mille fois(メルシー ミルフォア)
Merci mille fois(メルシー ミルフォア)

こちら自分で購入して飲んだことはないのですが、ルピシア会員になると毎月届く、お茶のサンプルに入っていて飲んだことがあります。
茶葉にカラフルな花びらがブレンドされていて、味も華やかでフレーバードに慣れていない私でも「あ、美味しい」と無意識につぶやいたお茶です。

贈り物にも選ばれるだけのことはあって茶葉が本当にきれいなので、開けたら写真を追加しますね!

白桃烏龍 極品(ハクトウウーロン ゴクヒン)

白桃烏龍 極品(ハクトウウーロン ゴクヒン)
白桃烏龍 極品(ハクトウウーロン ゴクヒン)
開封後の感想

茶葉を開けるとふわっと白桃のいい香り。花びらが入っていて、茶葉のコントラストと相まって眺めてて落ち着く綺麗さです。

淹れてみると落ち着いた水色で、これまたいい香りがふわっと。白桃の甘酸っぱい感じと烏龍茶の落ち着いた飲み口が素晴らしかったです。

水出しでも飲んだのですが、私これ水出しの方が好きです!スッキリ爽やかで風呂上がりに飲むと最高です!

ルピシア鉄板の白桃シリーズのひとつ、白桃烏龍「極品」。
白桃シリーズで飲んだことのない種類なのですが、きっと美味しいのでしょうね…楽しみです。

LA BELLE EPOQUE(ベルエポック)

LA BELLE EPOQUE(ベルエポック)
LA BELLE EPOQUE(ベルエポック)

こちらこれを執筆している今まさにサンプルのティーバッグを飲んでいました。

ザ・紅茶!という味のブレンドティーで、水出し、お湯出し、ミルクティー、レモンティー、何にでもできそうな万能さを持った紅茶だなと感じました。

福袋を開封してみて

そこまで詳しいわけでもなく漠然と「お茶が好き」なだけで、1万円オーバーの福袋を買ったわけですが、飲む前の感想は大満足です。

苦手なお茶がたくさんあったら勿体ないな…という不安はあったのですが、ルピシアのオンラインサイトで見る限りたしろの苦手な甘いフレーバードで高級茶葉っていうのはあまり無さそうだったので入っていたとしても多くはないだろう!と踏んでいました。

予想通り、殆どがノンフレーバードでしかも旬にしか味わえない良いお茶でした。
冒頭でも述べましたが、たしろはお茶にハマってまだ日が浅いのでお茶の良し悪しや好みというのがまだはっきりしていません。

おまけにルピシアで販売されている旬のお茶は気づかないうちに完売していることも多いので、選び方がわからないたしろには、お茶の入り口として本当にありがたい福袋です。

この記事を執筆している現在はまだどのお茶も開封していないので、これから開封するたびに味の感想などを追記していきたいと思います!!

スポンサーリンク

2020年12月27日

Posted by たしろ